ついみいってしまいました

ユニクロカレンダー新しいシリースガ始まってました。

暇に任せてといったらいいのか良いのが出来てます。
すごい
そこで一つ疑問がこれは全部実写なのだろうか、それともアニメーションが入ってるのだろうか、ちょっと悩んでます、でもとにかくすごいです、

 

ユニクロカレンダー

ユニクローゼ



私何を隠しましょうユニクローゼなんです。簡単に言えばユニクロ愛好家です。
そう私が名乗るとユニクロがイメージが悪くなるので名乗らないでくれ、なんて言われそうですが…
そういう私にとっておきの時計を見つけました。
ひょんな拍子で見つけました。
単なるユニクロのコマーシャルといえばそれまでなんですけど、
そういう単純なもの簡単に引っかかってるいる私です。
http://www.uniqlo.jp/uniqlock/
大きい画像で見たい方はこちらでどうぞ。

珍しいもの好きな俺 ということを実感させられた

ネットをうろうろしていたら、 TWITTERなるものが存在することをしって早速使用している。
Twitterはブログとチャットを足して2で割ったようなシステムを持つらしい。
そういわれても想像がつかないので早速登録して使用してみている。
すぐにあきるかも知れないけど、とにかくしばらく使ってみようと思う。

もぞもぞやってました。

家族がどうなっておろうと目にも触れず、
こそこそ、いやこつこつと作ってました。
何をやってたかというと、
満中陰までの七日参り表webばんを作り替えてました。

hoge256ブログJavaScript による日付・時刻・時間の計算・演算のまとめ

を参考にさせていただいて作り替えていました。
初月忌美を表示したいという思いが数ヶ月前からあったのですが、最初はなんかやってたんですが、気力が絶え、後回しになっていました。
昨日から思い立ってやり変えてました。
Java scriptを使って動作させています。
よろしければお試しください。

葬儀後(満中陰まで)の日程(web版)

中陰の日程を表示(期日指定)

私的には拍手ものなんですが、
皆さん教化ください。

ぅんまかった

昨日おみやげにメッツゲライイケダのソーセージの詰め合わせを頂いた。
まだお店に行ったことはないんだけど、うちからめっちゃ近いところにあるお店、そこのものをおみやげにもらったんだけど、
昨晩早速、その中に入ってた牛肉の昆布〆を頂いた。beer
富山は何でもかんでも昆布〆かよ!なんて声が聞こえてくるかも知れないけど…
最近は竹の子、ワラビ、その他のものも実際昆布〆にしちゃうんだけど…lovely

話しは元に戻って、
美味しかったです。
といっても、ほとんど私の口には入らず、バカ息子たちが値段を考えず、がつがつ食べてました。実際いくらするか実は私もしりません。勝手に高いものだと想像してます。私の口に入ったのはホント数きれだけcrying
ここのお店は、どこやらで何とかという賞をもらったことのあるお店らしいです。

牛肉の昆布〆はネットでは販売してませんでしたけど、
今日からウインナーを肴にいっぱいやることになるんだろうなぁ~happy01beerbeer

映画 夕焼けこやけで ~石の鐘のこだまは・・・~

映画:「僧侶も戦争協力を反省」 住職ら制作の映画上映--長野 /長野(毎日.jp)

 ◇平和の大切さ伝えたい

 長野市西後町の本願寺長野別院で、住職らが制作した平和祈願の映画「夕焼けこやけで~石の鐘のこだまは~」がこのほど上映された。23日の「沖縄
慰霊の日」に合わせ、全国の住職や門徒で構成する「念仏者九条の会」の全国集会の中で開かれた。企画した定専寺住職の松島澄雄さん(57)は「僧侶が戦争
に協力した面もあり反省する。これから平和の大切さを伝えたい」と話した。

 映画「夕焼けこやけで」の舞台となった信濃町富野の称名寺は、戦時中に鉄の鐘を供出し、今も代わりに石の鐘をつるす。66年間、鐘の音が鳴り響かない風
景を通じて平和を訴えている。亡き住職の娘佐々木五七子さん(79)は「戦争で多くの人が帰らなかった。平和が保障されるまで、この鐘は降ろしたくない」
と語る。

この間富山別院で阿満さんのお話で長野県にある鐘楼堂に大きな石が今でも平和を訴えるために吊してあるお寺があるというお話しをされていた。多分その鐘楼堂の石の話だと思って調べてみる。
そうすると、
その映画のサイトを発見

映画「夕焼けこやけで ~石の鐘のこだまは・・・~」

スコブル社http://www.emori.com/
DVDをもう販売しているようです。
■商品詳細
DVD片面一層 MPEG-2 カラー35分 NTSC 16:9 LB
■価格
本体2000円(税込)+600円(送料・代引)= 合計2,600円
ということで早速注文しました。