2021年祠堂経会を勤めさせてもらいました

6月13日より14日まで祠堂経会を勤めさせてもらいました。当初は1日2座合計4座勤めさせていただく予定でしたが、新型コロナウイルス感染症にかかった人が県内で増大していたため規模を縮小させていただきました。

開催日前日まで、感染症拡大に伴う警報が発出されていたので参詣者も招き入れずに勤めないといけないかなとも思っていましたが、それは何とか回避出来ました。またお説教も当初お客僧さんを招いてしていただく予定でしたが、変更して住職がさせてもらうことにしました、

読経もマスクをしてでしたので、息が足りずゆっくりと勤め少々時間がかかりました、反対にそれが良かったという声もいただきました。

城端別院巡回法座をお迎えしました

本日は城端別院巡回法座をお迎えしました
法宝物として逹如上人の絵像をお迎えして立島秀哲さんがお供としておこしくださいました。
立島さんは桜散ることということで親鸞聖人の「明日ありと 思う心の仇桜 夜半に嵐の 吹かぬものかは」というお歌を手がかりにされ宗祖親鸞聖人のご生涯、特に得度されたときのことをお話くださいました。
老人会の草むしりや自治会のエザライ等々行事が重なってる中わざわざお越しくださったこと本当にありがたく思ってます。

お道具磨きをしていただきました

ちょっと遅れましたが先の日曜日、18日報恩講に向けてのお道具磨きをしていただきました。お道具磨きとは本堂の仏具を磨くことです。東老田尼講の方々を中心に来ていただきました。本年はコロナ禍ということでマスク着用で来ていただき磨いてもらいました。感染防止という観点からすれば黙ってしていただくべきなのでしょうが、いつの間にか色々とあちらこちらから会話が始まり楽しい雰囲気が満ちてきました。皆さんマスクしてるから大丈夫かと思いあえてやめていただくことはしませんでした。今年は中々コロナ禍で人が集うことが容易ではなくなってるからでしょうか、自然に会話が弾んで行ったことでしょう。

このことが正しかったのかどうかということはわからないですが、人が集うことの大切さを感じさせてもらいました。

参加したみなさんが一生懸命磨いてくださったおかげで当寺の報恩講様をお迎えできそうです。本当にありがたいことです。

DSC_0291

秋季彼岸会を勤めさせていただきました

本日、27日午後2時から彼岸会を勤めさせていただきました。実は今年の新型コロナウィルス感染症の流行により祠堂経会を大幅に規模を縮小してしまって聞法の場を開設できてなかったことも少し気がかりになっていて今年初めて彼岸会を勤めさせていただきました。

そういう中約10名の方がお参り下さり、本当にありがたく思っています。来年もまたぜひ勤めさせていただきたいと思います。

布教は射水市布目沢の万徳寺、長谷顕文さんにお願いしました。

仏教はであいの相続によって私達のところになってきていると教えていただきました。

DSC_0283
DSC_0285

諸行無常の響きあり

先輩から教えてもらったことなのですが、お寺の鐘はゴ〜ンってなるのではないそうです。ごお〜ん、ごお〜んとなっているそうです。一度しっかり聞いてみないといけないと思ってるのですがまだ私は確かめてないです。

 どうも仏様の御恩を私達に知らしめんがためにそう鳴っておられるそうです。こんな話を聞いたら今度からそういうふうに鐘がなってるように聞こえるかもしれませんね。

ところで、仏様から私達にくださった御恩ってどんなことなんでしょうね、そのことはしっかり尋ねないといけないと私は思ってます。

違うことが御恩と思ってて恩返しをしたら、実は恩返しになってなかったということもありうることですからね。中身を確かめないといけませんね。

稲穂

秋ですね、虫たちも賑やかにいつの間に名泣いてますし、そして稲もいつの間にか緑色から黄色に変わってきています。稲穂も頭を垂れています。

もしかすると稲穂が頭を垂れているのは阿弥陀さんに頭を下げなさい、心よりうやまうことの大切さを自分の姿をとして私たちに指し示してくださっているのかもしれませんね。

DSC_0275

コロナ渦

誰が言い出した言葉か知らないが
コロナ渦
とはよく言ったもんだ。
今はCOVID-19そのものがもたらす災いというより、
コロナ騒動の渦の中で私達が惑わされ続けているのが今なのではないだろうか。
コロナ禍というよりはコロナ渦といった表現のほうがあってあるような気がする