342

今月のことば 殺してはいけない殺されてはいけない

 仏教徒の生活規範である戒の一番最初に殺生戒というものがあります。これは生きとし生けるものを殺してはなりません、というものです。ごくごく当たり前のことだと感じている方は多いかもしれません。しかしよく考えると結構難しいこと、いや不可能なことと気づかれることでしょう。私たちは食事を食べるということは、いのちをいただいているということだからです。ところでなぜお釈迦さまは私たちに生きとし生けるものを殺してはならないという決して守ることのできない生活規範を定められたのでしょうか。
 私はその問いに答えるものを持ち得ていません。本当にわかりません。しかし私たちは動植物を殺し続けなければ生きていけないから仕方のないことだとも思えません。大切なことだけど守れないというように感じでいます。こういうふうに思っていると殺生戒は決して守ることはできないがせめて食事は精進料理にしようとか、せめて人を殺さないようにしようとかというふうに展開していくのではないでしょうか。
 さて、今お釈迦さまから私たちは、生きとし生けるものを殺すなと、とてつもなく大きな宿題をもらっているわけです、皆さんはどんな応えをだしますか?正しい答えを出すということよりも一人お一人がそれぞれ考え実行することが大切だと私は思っています。

コメントする