341御文をいただく其の五九五帳目第八通③

阿弥陀如来はなぜ私たちを容易に極楽に生まれさせようとなさったのか

 阿弥陀如来様は元々仏という存在であったわけではありません。法蔵菩薩という名前の菩薩様でありました。その法蔵菩薩であられた頃、仏になる修行をなさるわけです。ただ仏になればよいという考えで修行をなさっておられたわけではなく、どんな人でもすくいとる仏になりたいと思っておられました。そして法蔵菩薩は他の仏様に認められ阿弥陀仏という仏様になられました。仏になられてもあらゆる人をすくい取りたいという思いはなくなっていませんでした。
 才能があったり努力が持続する方ならば、阿弥陀さまがなされたような仏になる修行をその人に教えても達成することはできるでしょうが、才能がなかったり、修行をしたくてもできない環境の方はそうは行きません。ですから阿弥陀如来様は厳しい修行を求めたのではなく、ただ救われたいという気持ちを持ち続けなさい、そうするといつか必ず浄土(極楽)という世界に生まれさせてやり、その国で身も心もきよらかにして、やがて仏とならし」めてあげようと誓われたのです。
 阿弥陀さまは私たちにご褒美として容易に極楽に生まれさせようとなさったのではなく、私たちを見てこういう私たちには容易な道しか無理だと思いわざわざ念仏往生の道をお建てになられたのです。いわば大いなる悲しみから発った救いの道なのです。
 私の身が明らかなればなるほど、自分の愚かさが身にしみれば身にしみるほど私たちは阿弥陀さまのご苦労が理解できるのではないでしょうが、また阿弥陀さまの救いのありがたさに頷くことができるのではないでしょうか。私たちの先祖をはじめとする念仏を称えてこられた方々は本当に念仏を称えながら自分の元にまで届いた念仏をありがたく思われていたことでしょう。

コメントする