通信336

私の願い 仏の願い

 この間ある方から「神や仏もあるものから始まる宗教」という言葉を聞いてドキッとした記憶があります。多分なのですが、この言葉は私たちは何を拝んでいるのか、私たちは何のために拝んでいるのかと言うことが問われているのではないかと感じています。
 私たちのお参りというのはお願い事をするのが基本ですし、願い事が叶うかもしれないからお参りするのでしょう。「先祖が安らかでありますように」「健康でありますように」私たち日本人はそういうことを神仏に祈ってきたことでありましょう しかし、それでいいのだろうかという思いも私にはあるのです。自分の思いが叶う世の中ってよい世の中なのでしょうか。
 仏教では人間を凡夫と押さえます。私たちの宗祖親鸞聖人は「凡夫というは、無明煩悩われらが身にみちみちて欲も多く、いかり、はらだち、そねみ、ねたむこころ多くひまなくして、臨終の一念にいたるまでとどまらず、きえずたえずと水火二河のたとへにあらはれたり」とおっしゃっておられます。無明・本当のことがわかってなくて、煩悩が我が身に満ち満ちているのが人間であり、私であるといわれています。私の煩悩まみれの願い事は神仏がかなえてくださるのでしょうか。そういう願い事をしている私たちをどのように見ておられるのでしょう。また神仏は私たちのどういう願いだったらかなえてもらえるのでしょう。一度考えてみないといけないことなのだと思うのです。
 神仏は私たちにお願い事をするなとは言われないでしょうが、どういうことを願ってほしいと思われているのでしょう。願い事をしながら考えてみませんか。

共に生きる道

 皆さんジェンダーフリーという言葉をご存じでしょうか。社会的性別にこだわらないという意味です。また、「従来の固定的な性別による役割分担にとらわれず、男女が平等に、自らの能力を生かして自由に行動・生活できること」と定義されます。男女共同参画という言葉につながる言葉だと思ってます。
 このことが今世界各国から日本が遅れているのではないかと思われているみたいですね。まぁ、実際私の生活を振り返るとまだまだだなって思う次第です。(汗)
 今年の二月の初めよりこのことがよくテレビに取り上げられていますよね。以前総理大臣もなさっていた、今はもうやめになられましたが、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の会長だった森喜朗さんが女性蔑視と受けとめられる発言をしてしまい世界中で話題になりましたね。私はやっぱり男側にたってものを見てしまっているからか、高齢だし仕方ないな、でも立場あるお方だからやめなくてはならないなと発言ををテレビで見て思っていました。でもその後のテレビの反応を見ていると仕方ないっていう雰囲気はなかったですね。 
 彼が辞意表明をしたときにまた、「解釈の仕方だ」とか「そういう意図でいったわけではない」「女性を蔑視する気持ちは毛頭ない」というような反省の気持ちがないのではと受けとめられるようなことをいわれてしまい、また物議を醸すことになってしまいました。
 さてここからが私の言いたいことなんですが、彼を擁護するために言うのではなく、差別ってこういうものだということ言うために言うんですが、そういう意図はなかったとか女性を蔑視する気持ちは毛頭ないといわれたこと私は嘘ではないと思います。蔑視する気がなくても結果してしまうのか差別というものなのではないかと私は思ってます。言葉を気をつけてさえおれば、行動さえ気をつけてさえおれば差別はなくなるものではないと思うのです。三つ子の魂百までといわれるくらい奥までしみこんでしまっていて、わずかな割れ目からしみ出してくるものなのではないでしょうか。そういう悲しみ的なことに気づいて行くことが差別をなくすという歩みでは大事だと私は思います。あの人は差別者だ!と他人を非難するにとどまるのではなく、私に染み込んでしまっている差別性に一緒に気づいて行くことが本当に大事だなって思うわけです。

大谷派八組 (お東の射水周辺の集まり)聖  典  講  座
正信偈のお心を聞く講座です。今回が初回で合計3回(4月18日、5月16日)常入寺にて行われます。講師は皆さん方から好評でした、一昨年報恩講でお話しいただいた金沢市の松扉覚(しょうひさとる)さんです。参加無料ですので是非ご参加ください。
日 時  3月21日(日)午後2時より4時くらいまで
会 場 常入寺本堂 布教使  松扉覚師(金沢市本泉寺)
参加費 無料(ただし、途中賽銭を集めさせていただきます)
※マスク着用など感染予防をしてお越しください

彼岸会兼城端別院巡回法座
日 時  4月4日(日)午後1時30分より3時30分まで
会 場  常入寺本堂   布教使 未 定
参加費 無  料(ただし、何度かお賽銭を集めさせていただきます。)
また、城端別院への祠堂並びに万人講の受付をいたします。
※新型コロナウイルス感染症拡散予防のためマスクをつけてお越しください。

コメントする