ひとりからに寄稿させていただきました。

東本願寺青少幼年センター発行のひとりからという雑誌に法話を書かせてもらいました。
以下の通りです。よろしければお読みください。

ひとりから12.JPG

まいごの私

高岡教区 青井和成
 私には小字三年生になる子ともがいます。その子がまだ保胃所に通っている頃夜寝るときによく絵本を観んであげました.古典落語か絵本になったものもお気に入りでしたが、もっともっとお気に入りのものがありました。『あしたから一年生』(東本願寺出版)という絵本です。子どもも好きでしたが、読んでいる私も好きになっていった本でした。その本の中で、お爺ちゃんがお風呂の中で孫のこうすけ君に向かって言った言葉「こどもは、まいごになりながらおおきくなるのさ」が私は非常に印象に歿っています。迷子が大事なのだな、ひとりが大事なのだなって、読んであげながら感じました.
 私も子どものころ迷子になったことがあります。だから迷子になんて好んでなるものではないと思います.また小学生の頃、無視されたことも一時期あったので、ひとりぱっちっていうのもさみしくて大嫌いです。だけど自分が成長していくには、迷子と感じることも、ひとりぽっちと感じることも大切なのだとこの絵本を読む度に教えてもらいました。迷子やひとりぽっちの途中はさみしいですが、それが終わったとき、なんともうれしい気持ちになります.それは初めて一人で買い物に行くことができたときや、一人でパスや電車に乗ることができたときの、なんとも言えない達成感に似ているのかもしれません。
 仏教は、今から2500年ぐらい前にお釈迦さまによってひらかれました.そのお釈迦さまは、払たちが生きている世界は迷いの世界であり、その迷いの世界から離れるために仏になりなさいと教えてくださっています。本来、私たち人間はオギャーと産声をあげて生まれさせてもらったときからいのちをお返しするときまで、ずっと迷いっぱなしであるとお釈迦さまは考えておられまi。しかし、なかなかそのことに気づかずに生きてしまっているのです。
 迷っている子どもを迷子というわけですから、そういうことからすれば自分は迷子だなって感じること、そして迷子の中でひとりぼっちだなって感じることは大事な気づきなのだと言えます.誰かとケンカをしたとき、誰も声をかけてくれなかったとき、それはひとりぽっちだということに気づけただけなのかもしれません。ひとりぽっちと感じたときが、お釈泗さまの教えが本当だとやっと気づけた瞬間なのでしょう.でも、残念なことに友だちと仲直りしたりしてしまうと、このお釈迦さまの教えが大事だということを忘れてしまうのです.子どもだけがそうなのではなく、大人もそうなのです。本当に残念なことです。
 そしてもうひとつ、そういう私たちのために、お訳迦さまは阿弥陀仏という仏さまの存在を教えてくださっています。阿弥陀仏は私たちのために『ナムアミダプツ』という言葉を届けてくださっています.「あなたはひとりぽっちですよ」ということを伝えるために。そして「そういうあなたのことを本当に心配していますよ」ということを知らせるために。私に聞こえてくるナムアミダプツという声はある意味、遊園地やショッピングセンターで聞こえてくる迷子を知らせる案内放送のようなものだと思います.「あなたは今迷子になっていますよ」、「あなたのことを本当に心配している人がいますよ」ということを知らせてくださっているのです。
 さみしいなって感じたとき、ひとりぽっちだなって感じたとき、ナムアミダプツという戸を聞いて自分はひとりでないのだ、自分のことを心配してくださっている存在があるのだということを思い出してください。また、ナムアミダブツの声が聞こえなかったなら、自分でナムアミダプツと言ってその自分の声を聞いてください。少しほっとできるはずです。少し歩み出せるはずです。
 ナムアミダプツ、ナムアミダプツ、 ナムアミダブツ

コメントする