法然上人の図画を書写することが許されるということ。

[Facebookからの逆エントリー]
]
画像木像には諡像と壽像があるそうです。諡像はその人が亡くなった後書いてもらうもの。壽像はその人が生きておられる間にその人の許しを得て書画するものを言うらしい。
そういう意味で親鸞聖人が法然上人に許可を得て法然上人の画像を書かせてもらったのは壽像なんだろうな。
この壽像は誰にでも書くことを許すことは少なく、心許した人、認めた人にだけ許されるそうですし、お願いするということも大きな思いがなければ願いでないのが普通であったのかな?

親鸞聖人は一大決心で壽像を描くことを請い、法然上人もお前なら壽像を許そうって感じだったんだろうな。親鸞聖人からしたら飛び上がるほと嬉しい出来事だったのでしょう。
絵像木像には諡像と壽像があるそうです。諡像はその人が亡くなった後書いてもらうもの。壽像はその人が生きておられる間にその人の許しを得て書画するものを言うらしい。
そういう意味で親鸞聖人が法然上人に許可を得て法然上人の画像を書かせてもらったのは壽像なんだろうな。
この壽像は誰にでも書くことを許すことは少なく、心許した人、認めた人にだけ許されるそうですし、お願いするということも大きな思いがなければ願いでないのが普通であったのかな?

親鸞聖人は一大決心で壽像を描くことを請い、法然上人もお前なら壽像を許そうって感じだったんだろうな。親鸞聖人からしたら飛び上がるほと嬉しい出来事だったのでしょう。

コメントする