城端別院でお世話になってます

image.jpg
昨日の午後から5日の朝で城端別院の本堂でお話をさせていただく縁をいただいてます。いわゆるお説教をさせていただくのですが、私のはお説教になってるのかどか疑問に思うこともあります。
ここでお話をさせてもらう時、何かを教えてやろう。なんていう気持ちは少なく。聞いてもらおうそういう思いが強いです。
別院には毎日聴聞に来られる方がなんかおられます。そういう方がおられるからでしょう。その方々の視線がきになるからだと思うのです。長年聴聞されてこられた方に教えることのできる内容を私は持ち得てません。私はこのようにいただいてます、みたいなことを発表して聴聞に来ていただいている方々に聞いてもらってる感覚です。かっこよく言えばお育ていただいてるのかな?
とにかく精一杯お話しさせていただきます。はなしをくみたたせてもらいます。

コメントする