240 お葬式の花

240.jpg

お葬式の花
 皆さん、ご縁のあった方のお葬式に参列されたとき、お供えしてあったお花をお裾分けして頂くことがありますが、皆さんはそれをどうしておられますか?
 お葬式でもらってきたお花は家の中に入れてはいけないとと聞いたことある方がいるのではないでしょうか。皆さんはどう思われますか?私はお葬式でもらってきたお花を家の中に入れずそのままにしておくというのは悲しいことだと思いますし、いのちを粗末にすることにあたることでは無いのかと思ってしまいます。
 私は詳しいことはまだしっかりわかってないことですが、このような発言の奥には「穢れ」というものがあるような気がします。
 人が亡くなったときに穢れというものが生じ、その穢れは人にうつり、また穢れがうつれば災いがもたらされていくというものです。そのため昔はお葬式から帰ったら玄関に入る前に塩を振りかけて穢れを家の中に入れないためとろうとされていたということがありました。私は塩をかけて穢れが無くなるというのであればナメクジと同じような存在なのかなって思っていました。また忌引きということもこのことに関連しているようです。経営者からすると近親者が亡くなると穢れが多くなるので穢れを会社にもってこないでほしくて仕事を休みなさいという意味で忌引きという制度が始まったと聞きます。
 私たちのお念仏をたよりに生きていかれた先輩方はお念仏を頂かれた方はこの世の生を終えるとすぐさま阿弥陀如来様のお浄土に生まれさせてもらえるのだと教えてくださってます。亡くなられた方は穢れた世界に行かれるのではなく、浄らかな世界にいかれるということです。亡き人は穢れた存在ではなく、浄らかで敬うべきお方であるということなのではないでしょうか。念仏をいただく私はそのことを肝に銘じてお葬式にであっていかなければならないことなのではないでしょうか。お葬式で頂いたお花を何か嫌なことがおこるのではないかと思って家の中に入れないということは亡くなられた方を侮辱するあり方のように私は思えてなりません。
 皆さんはどのように考えますか