225 御文を頂く23 五帖目第四通②罪の深からん輩とは

225.jpg

 このお文ではまず今という時代特に阿弥陀仏の救済にあずからなければならないものは「罪のふかからん輩」というように定義されています。このように呼びかけられていると私には関係ないと理解するのが現代を生きるものからすれば普通かもしれません。私たちが罪と言えば国が定める法律など社会のルールに違反することと理解してしまいます。ですから私は警察に逮捕されたこともないですし、大きな犯罪も犯したことがないので、罪深いものと言われても私には関係のないこととなってしまいがちです。しかし本当にここで呼びかけられている罪深き輩は自分には関係のないことなのでしょうか。
 ここ最近になって急に中国の大気が汚染されているというニュースが流れてきています。そしてその汚染された大気が偏西風によって私たちの住む日本に押し寄せているのだということが報道されています。そうのような報道を目にすると中国は悪い奴だ、罪深い奴らだと思ってしまうものです。また一方インターネットなどを検索すれば、中国の大気汚染は数年前から比べればあれでもだいぶよくなってきているのだとあったり、汚染された大気が日本に押し寄せてきているのは今更のことではなく、ずっと続いていたことなのだという情報も出てきます。このような情報も目にすると何か他の意図があってこういうことが声高に言われているのではと勘ぐってしまいたくなります。だからといって許される問題であるというわけでは決してなく、早急に対処しないと行けないことだと思います。
 中国の大気があそこまで汚れてしまった原因は経済至上主義、この世の中でお金を儲けることが一番大切なことなのだとか、自分が幸せになるのならば他人ははどうなってもよいのだとか思う人がたくさんいるからなのではないかと私は思うのです。ですからそういう思いを持つことが良くないことなのだと気づいていってもらうことが恒久的に中国で大気汚染がなくなりその大気が日本に来ないようにする方法なのではないかと私は考えるのです。このことを踏まえて考えるならば、この罪深い現状を熾す根本を持っているのは中国に住む人たちだけではなく、全人類みんなが持ち合わせている心とも言えるのではないでしょうか。
 いま日本では、人類史上に類を見ない大きな原発事故を起こしたくさんの放射性物質を地球上にばらまいてからまだ二年ちょっとしか経たないのに、最近景気を回復するためには原子力発電所を再起動しなくてはならないという世論が高まっているそうです。そのことは今回の原発事故で一時避難している人たちや、放射性物質におびえて生活している人たちのことの思いを無視したような考え方のように私は感じます。そのことは私たちも自分のことしか考えられない、自分たちの幸せのためならどんなことをしても良いという深い罪を持って生きていると言うことの証しといえることなのではないでしょうか。
 そういう意味で罪のふかからん輩とは今を生きる私たちを挿す言葉として私を含め人類全てのものに呼びかけられている言葉なのです。