初詣

初詣とは初めて詣でることを意味するのでしょう。新しい年を迎えて詣でることです。

詣でるとは、貴所に行く意の謙譲語と辞書にはあります。ですから自分が大事にしているところに行くことをいうのでしょう。
そういう意味からすれば初詣はお願い事をするために行くのではちょっと意味がずれてしまうような気がします。
また私が大事にしているということはどういうことなのかということも考えていかないといけないことなのでしょうけど、
私は決して自分の思いを叶えてくれるところが自分にとって大事なところとは思いません。こんな私が私の思い通りになることは本当に良いことなのでしょうか。私は疑問に思います。
私もこうなりたい、こうしたい、こうしてほしいといろいろ思うわけですが、だけども自分思い通りになる世界がよい世界なのかという問いを先輩方々より問いをいただき続けています。
初詣は自分にとって大切にしている宗教施設に行くものなのでしょう。少なくても平生より縁の深いところにいくことが本来なのではないでしょうか。
御利益の利くところへいくというのは間違いのような気がしてならないわけです。

コメントする