部落問題講演会12月14日

kaihouren121214.jpg

ご案内
富山解放連・人権週間企画
12/14(金)部落問題講演会
 富山解放連では人権週間(12月4日~10日)にちなみ、下記のように”保守的風土と部落差別、そして宗教”をテーマに部落問題講演会を企画しました。
 講師にお願いする部落解放同盟和歌山県連合会・副委員長の池田清郎さんは、部落解放同盟の北陸担当の本部役員でもあり、度々、北陸での自治体との行政交渉に来県されています。中々、動こうとはしない北陸の行政を相手に、粘り強く提言や指摘を投げかけられている方です。
 池田さんの地元・和歌山県は保守的風土の地域、そして被差別部落の人の殆どが真宗宗旨と言う点では富山と共通面があるようですが、部落差別への関わりでは大きくかけ離れています。ここ富山とは、何か、どのように違うのか、北陸での活動を通しで富山7への思いや願いをお話願えるのではないかと考えています。
 また、池田さんは宗教面にも造詣が深い方であり、部落差別と宗教の関係についても興味深いお話が伺えると考えています。
 ご多忙の折とは存じますが、お誘い合わせの上、ご参加頂きますようお願いします。
目  時   2012年12月14日(金)午後3時30分~5時00分
                           [受付:午後3 :00~]
会  場   富山東別院会館・研修室ホール
               (富山市総曲輪2-8-2 9 昔076-421-9770)
会  費   1、000円(資料代)
演 題 『保守的風土と部落差別、そして宗教
            ~北陸の行政交渉に臨んでの思いを含めて~』
        講師 池田 清郎さん(部落解放同盟中央執行委員・
                      部落解放同盟和歌山県連合会則委員長)
主  催   部落解放にとりくむ富山県連絡会議
 ☆ 部落解放にとりくむ富山県連絡会議(略称:富山解放連)とは
 富山県下で『部落解放にとりくむ各界・各層の広範な相互連絡を深めるとともに、協力関係を拡大・推進し、部落問題の連やかな解決を図る』ことを目的として、1986年3月に結成されました。被差別部落大衆をはじめとし、企業や宗教関係者、労働者、市民など幅広い層の団体・個人によって構成されています。結成以来26年余、学習会・市民公開講座の開催や会報の発行などの取り組みを行ってきています。
 ☆ 会員になって下さい。会員加入を呼びかけて下さい。
 団体、個人を問わず、会員加入を呼びかけています。年会費[4月から翌年3月まで]は1ロ
1、000円で、団体に合っては5口以上、個人にあっては1ロ以上をお願いしています。
 富山解放連事務局:富山市総曲輪2-8-29 真宗大谷派富山教務所内 076-421-9770(日野)