214 祠堂経会勤めます

214.jpg

祠堂経会厳修
二〇一二年六月二十四日午前十時より十五日午後四時まで
六月二十四日(日)
午前の部、並びに祠堂のお勤め
午前十時より
尼講のお勤め 午後二時より
午後の部 引き続き
六月二十五日(月)
午前の部のお勤め 午前十時より
午後の部のお勤め 午後二時より
※二十四日は尼講による昼食の振る舞いがございます。
それぞれのお勤めのあとに法話があります。(午前の部十二時頃、午後の部四時頃終了予定です)
法話は、両日とも当寺住職がお話しいたします。
皆さんといっしょに聞法いたしたいと思っています。
ご近所の方々をお誘いの上お参りください。
お待ちいたしております。
~~~~~~~~
支援金ご協力のお願い
左記の通り住職をはじめとする主に大谷派の僧侶の有志により福島県在住で放射能を気になさっておられる親御さんたちの一時保養を計画いたしております。何せ往復のバス代、宿泊費など多額の費用が必要です。有縁の方々に金銭面のご協力をお願いしています。金額は特に問いませんので、当寺祠堂経中本堂に支援金箱をもうけます。また平生のお参りの時お渡しくださっても結構です。どうぞ趣旨にご賛同いただき支援金のご協力をよろしくお願いいたします。
常入寺住職 青井和成
「夏休み! 高岡であそぼう」  開催要項

“福島の子どもたちに、放射能を心配せず自由に外で遊んでもらいたい!”という「NPO法人 TEAM二本松」(真宗大谷派仙台教区眞行寺副住職 佐々木道範氏代表)の呼びかけに応じて、昨年の夏以降、北海道、名古屋、大阪、能登等の様々な教区が福島の子どもたちを受け入れての活動を行ってきました。

このたび、当高岡教区としても、福島県の子どもたちを放射能から守る活動の一端を担いたく、「夏休み!高岡であそぼう!」実行委員会を立ち上げて、来る8月19日から福島県在住の親子を受け入れて高岡教区内で過ごしていただくこととなりました。

つきましては、開催要項等を送付させていただきますので、教区内の皆さまには、多方面に亘るご協力を、何卒よろしくお願いいたします。

 

1.主  催  「夏休み!高岡であそぼう!」実行委員会

                実行委員長 青井 和成

                副委員長  大野 隆昭・小野 光人

                事務局   堀部 知之・谷澤 彩・広橋 智彰 

真宗大谷派 高岡教区 高岡教務所 

 

特別協力 ・とやま・ふくおか 家族旅行村

・高岡フィルハーモニー管弦楽団 

・高岡市福岡小の学童保育「寺子屋サロン」

 

2.開催期間  2012年8月19日(日)~23日(木)

 

3.対  象   福島県に在住する小学1年生~小学6年生及びその家族

(*小学3年生以下の御参加の場合は、保護者同伴)

 

 4.募集人数  20名(申し込み状況によっては、25名を限度といたします)

 

5.日  程

 8月19日(日)午後4時、「とやま・ふくおか家族旅行村」到着 宿泊。

  8月20日(月)午前、高岡市家族旅行村にて。午後、ホームスティ先へ(2泊3日)

  8月21日(火)ホームスティ先にて滞在。

  8月22日(水)午後、ホームスティ先から「とやま・ふくおか家族旅行村」へ移動、宿泊

  8月23日(木)午前10時、福島へ出発

*「とやま・ふくおか 家族旅行村」

(〒939-0152
高岡市福岡町五位57-2  TEL 0766-65-1177

 

6.費  用  

カンパにて必要経費を賄います。(目標金額 100万円) 

7.事務局(連絡先) 真宗大谷派高岡教務所 

住所:高岡市丸の内2番15号

             ℡ :(0766)22-0464         

                                 以 上