新年は何があってもめでたいのであ~る

郵便局が年賀状の受付を始めたとか何とか、

わたしはまだまだ年賀状に全く手が着いてない。
テレビを見ていると、来年の年賀状には、「おめでとう」という言葉を書かないという人が多いとか何とか、
わたしもここ数年年賀状にはおめでとうという言葉を書いていない。
それには、何で年が明けるとめでたいのかよく分からなかったし、正月どころではないという人もおられるからと思い、おめでとうの文字を書かないことが続いている。
多分今年も書かないだろうと思う。
でも、こういうときだからこそ今年は書こうかななんて言う気が少しわいている天邪鬼になっているわたしなのである。
でも新年はめでたいのだ、なんて言うことは何となく最近分かってきた。それが今私達はわかりにくくなっただけなんだろうと思う。
新年明けましておめでとうとは、言い換えればお誕生日おめでとうございます。とだいたいにた意味のだと言うことに最近気付いたんです。わたしは。
一つを年をとらしてもらいましたね。おめでとうございます。そういう意味なんですよね。
今歳の数え方は法律によって禁止されているというか、推奨されていない。
年齢に関する法律をまとめたことがあるので、これを見てみてください。
今年齢を満年齢で数えるので新年がめでたくなくなったって言っても良いのかもしれないですね。
新年明けましておめでとう、とは、また一つ歳をお互い年をとらせてもらいましたね。めでたいことです。ありがたいことです。
そういう意味なんです。
喪中だから新年の挨拶をしないというのはちょっと違うんだと思うんです。
喪中やろうが何だろうが、一つ歳をお他が年をとったことを喜ぶ。
一年生きさせていただき、また今年も生きさせて頂きます。
そういう事なんですよ。
だから、
新年明けましておめでとう
なんですよ。
わたしなりにもっと正確に言うなら、
新年明けましてありがとう
こういうこっちゃないですかね。
新年をお祝いする気になれないというのは大事な気持ちかも知れないですけどね。
いちゃならない言葉では決してない。
私はそう思います。

コメントする