いまさらながら「二位じゃダメなんですか」発言を考えた

スパコン:「京」速度首位奪還 蓮舫さん!1番でした

 理化学研究所は20日、神戸市中央区のポートアイランドにある次世代スーパーコンピューター(スパコン)「京(けい)」が、ドイツで開催中の国際会議で、演算速度世界1位を獲得したと発表した。日本のスパコンが1位になるのは、海洋研究開発機構の「地球シミュレータ」(02年~04年6月)以来7年ぶり。「京」は政府の事業仕分けで蓮舫参院議員が「世界一でないといけないのか。2番ではだめなのか」と問題視し、話題になった。京は理研と富士通が約1120億円をかけて開発中で、高性能の処理装置(CPU)約8万個を効率よくつなぎ、4月から一部稼働している。5月時点で、指標となるプログラムの演算で1秒間に8162兆回を達成。前回1位の中国の「天河1A号」の2566兆回を大きく上回った。【野田武】

 ◇「心から敬意を表したい」

 蓮舫行政刷新相は20日、「極めて明るいニュースで、関係者の努力に心から敬意を表したい。国民の税金を活用しているので、ナンバーワンになることだけが自己目的化するのでなく、どうやって将来の明るい夢につなげるか期待したい」と評価した。【中井正裕】

行政刷新相は20日、「極めて明るいニュースで、関係者の努力に心から敬意を表したい。国民の税金を活用しているので、ナンバーワンになることだけが自己目的化するのでなく、どうやって将来の明るい夢につなげるか期待したい」と評価した。【中井正裕】(毎日JP)

蓮舫さんが言った、「二位じゃだめなんですか」という言葉が流行ったことを思い出す。

このスパコンが一位になったっていうことのすごさが今ひとつわからない。
正直
仕分けの時蓮舫さんがあの発言で批判的に報道されていたような記憶があり、私もそこまでいわなくても良いのにと思ってた、多分。だいぶ前のことなので確かな記憶が残ってないけど。
でも今考えるとあの発言、「世界最速のスパコンは必要ない」という意味で発言されたのではなかったと思う、真意はわかりませんけどね。本当のところは彼女に聞くしかないんでしょうけど。あの言葉には、なぜ世界最速のスパコンがいるのですか、どういう使い道ができるのですか、最速を作ることのねらい、社会に及ぼす効果をあきらかにしてください。ということだったのではないでしょうか。
そんなもの要らないということじゃなく、もっとアピールしてください。ただ単に催促を作るという目的だけならば国からほど金をだす意味がない、公金を支出するのだから。そういうメッセージを今更あの言葉から感じるのです。
言葉そのままの意味を理解するだけではダメですね。
行間を読み取るというか、そう発言した人の背景みたいものもしっかり理解して、言葉の奥にあるものを感じるっていうことをしないとやっぱダメですね。
もったいない気がしました。

コメントする