やっと畑が畑らしくなった

昨年秋、お寺の前庭をつぶして駐車スペースと作ったのに伴い、沢山の残土が出た。そんなに悪い土ではないように見えたので、畑に入れてもらうことにした、残土処理代を浮かすという意味もあって、

畑に移してもらった当時、そんなに意思などないように見えたのだけど、冬になり雪が積もり、春になっては丈を覗きに行くと、石だらけ。ここがもと畑であったという風には見えない状態だった。
精神的に疲れているなかなか中畑家に入る元気も湧かなかった。だけど、ゴールデンウィークを過ぎた頃から、暖かくなった性もあって、ようやく畑に行こうという気がなって、石拾いから始めた。石だけではなく、コンクリ片、ガラス、茶碗の割れたものなど結構あった。ある程度見えなくなったので耕耘機をかけると、また土から沢山の石やらコンクリ片やら、一人では移動させることのできないぐらいの大きなコンクリ片もいくつも発掘。なかなか作業が進まなかったんです。
その中ぼちぼちと、気長に野菜を植えてました。
一昨日雨が降りそうだったのでその機にサツマイモを植え、これでひとだんらく、ようやくまわりの畑に追いついた感じ。
ちょっとホッとしてます。
これでしばらくの間、に三週間?一ヶ月?畑を耕すという作業はしないでよいでしょう。
IMG_1659.jpg

IMG_1660.jpgIMG_1661.jpgIMG_1663.jpgIMG_1664.jpg

コメントする