久々にいってきた 東本願寺

自信や原発のこと思うと色々あるのだけど、とりあえず今はやめときます。

でも、原発の問題では不信感しか湧いてこないのですけど、それをちょっと横に置いて於というか、その不信感とともに冷静に歩んでゆきたい。そう思う。
こういう中でも一生懸命な人、命がけでやってる人はいるのだから、
そう信じて、口を硬くします。
さて、
土曜日、
御遠忌のオープニングセレモニーがある予定だったので、金曜日の夕方から京都に向いました。
金沢の駅でチケットを買うときうわさでとてつもない地震が起こってるっていうのが耳に入ってきたし、携帯にもマグニチュード八を越える地震が起きたとあったので、電車動くかなという心配のもと京都に向ったのです。
だけど、今回は、少しでも安く行こうと言うことでサンダーバードではなく、米原まで特急で行ってそこから新幹線という生き方を選びました。
特急列車の中では新幹線が止まってるけど、新快速では行けるか元車掌さんが教えてくれた。
でも、
米原に着いたとき、丁度地震後はじめて動いたこだまがホームに入るというので飛び乗ったんです。当然座るところもなく、デッキでぎゅうぎゅう詰め
その中ネットを見ているとmixiの中でセレモニーは中止になったと知らせてくれた人があり、そして京都駅に着いてから教務所から中止になったという、ありました。
正直な話し俺なんのためにきたん?ッて感じだし、
宿泊費と交通費をくれるっていう話しだったけど、どうなの?そんなことが頭の中を巡った
当日、仕方がないので、本山に足を運んだり、西本願寺にいってきました。
素屋根が阿弥陀堂に移動する前には本山に行ったことはあったのですが、それっきりっていうことで、少し観光客気分でいってきました。
IMG_0306.jpg
IMG_0307-1.jpg
舞楽台や、楽太鼓か御影堂前に設置されてました。そして御影堂門では、照明器具を降ろす作業をされてました。
御影堂の中にも入ってきました。椅子が敷き詰められてました。でも、パイプ椅子でした。後で行った西本願寺のよりよくない印象、2時間も3時間も座らされると、お尻がめっちゃ痛くなっちゃいそうな感じでした。
IMG_0312.jpg
そうそう、自然坂も仕上がってましたし、御影堂門の所も階段がなくなり歳を召された方も歩きやすいようなってました。これはいいと思った
西本願寺もいってきました。
白州に入ったとき不審者と思われたのでしょうか、カードマンがずっと後をついてこられてました。
阿弥陀堂と御影堂の位置が東本願寺とは逆だっていうことは判ってたんですけど、工事中ということもあってどこから御影堂に言って良いやら判りづらかったです。
でも、驚いたことがひとつ、
御影堂です。
参詣席と外陣がフラット
また、外陣とうちらでいう余間もフラット、
親鸞さんがおらっしゃる本間はちょっとたかくなってましたけど、
ちょっと感動
蓮如上人の平座ということを意識して作られているのかと勝手に思いました。
それに比べわが東本願寺は段差だらけ、大きい御堂と言うこともあってのことなんでしょうけど、… 色々思います。
お昼からは総会所にいってました。
土曜日日曜日の行事は全部中止だったんですけど、総会所では、遇いあうカフェはやってました。
そして本山で歌われるはずの方々もちょっとだけ、歌ってくださいました。横では、テレビがついてました。音は消してあったんですけど、自信の映像が流れてました。
総会所では、企画した人たちが沢山おられ、知り合いにも結構会いました。
ここまでたどり着くの大変だったんだろうな、ッて思い、また、オープニングイペントの企画準備も大変だったろうに結果中止、空しく片付けられたことだと思った。
このオープニング行事、単なるお祭り騒ぎなら中止しなければならんかったことでしょうけど、これはどうだったんでしょうか。
私の視点からすれば、大切な視点で、大きな願いで企画されたものだと思う。
だからこそ、やるっていう方向もあったと思うんですよ。
だけど、やっぱり
この行事を単なるお祭り行事としか思っておられなかった上層部がいて、願い通じず中止になったっていうこと何ではないだろうか。
ちょっと悲しく感じました。
御遠忌法要もそうですが、
願を確認しなければいけないことだと思う。この大震災を見つめながら。
行事の中身を兼行するというのは当然のこと、行事を行ないながら、御遠忌って何なんだろうっていう当たり前だった問いに真正面から考えていく必要があることだと思う。
ただ単に、お勤めするだけでよいのか、ただ全国から集まるだけで良いのか、
私たちはこの世で、今、何を願として持って生きていく意思を持たなければいけないんだろう。そういうことをしっかり考えなくちゃね。なんて思います。
IMG_0321.jpg
IMG_0326-1.jpg
IMG_0323-1.jpg
IMG_0324-1.jpg
IMG_0317.
jpg

コメントする