マスクは効果があるのか!

先々週末から熱を出してしまい一週間ぐらい寝込んでいた。お医者さんで見てもらったときインフルエンザっぽいけど、検査では出なかったといわれた。多分、その時熱が低く出なかったのかな?そんなことで出たりでなかったりするのかな?良くわかりませんが…

熱で寝込んでいたためヨメハンから家の可かでもマスクをするようお達しが出た。
しかしい潜る敷くていやなので拒否していた。
その結果なのかも知れないけど、三男坊がインフルエンザになっちゃった。
私は思う。マスクをするのはそんなに効果があるのか、と。
近年、花粉症の方が増えたりして、不織布製のマスクが主流になり、マスクの性能は間違いなく上がっている。それは疑う余地は私はありません。否定しようとも思いません。
でもその効果っていうのは、自分が感染しない、花粉を体内に入れない、そういうことにはナノではないだろうか。
限定的だと思うんですよ。
碑文の病気を人にうつさない道具としてどれだけ、効果があるんだろう。私は疑問に思う。
だって、メガネをしている私がマスクをすると、かならずって言っていいほど、メガネが曇ります。どんなマスクのかけ方をしたとしても。
それは空気が漏れているって言うことでないのだろうか。フィルターを通さないで域が外に出ているっていうことなのではないだろうか。
確かに域をするときはマスクが密着した感じがするし、マスクが口に近づいてくる。そういう感じがするのだから、息を吸うときに吐こうかがある。だけど、息を吐くときはどうなんだ!
漏れっぱなし何ではないでしょうか。
唾を空気中に散らばらせないと言うことは多少効果があるけど、体内のウイルスを体外に出さない、ということにはそんな効果がないと私は思っている。
だから、自分がウイルスから身を守るためにはマスクはしますけど、人に写さないためにという目的のためには、私はマスクをしたくありません。ましてや家の中では。

コメントする