このライター壊れてる?

最近お参りに行って、蝋燭に火をつけるためにライターをつけようとしても、ボタンが硬いというか重くて、火がつけられないことが何軒か有った。正直、ライターが壊れているのだと勝手に思っていたんだけど、

ふと、簡単にライターをつけられないように安全基準を設けたというニュースを思い出した。
等言うことで一度チャレンジしてみたら、結構力を入れて、押してみたら、ついた。
やっぱりだ
つくじゃないですか。
壊れていたんじゃなくて、安全基準でこうなってるんですね。
ちょっと安心したんだけど、
でも、
40過ぎた俺がつけようとしてもなかなか押せなかったライター
これ、イツモお参りに行くお宅のお婆ちゃん、おじいちゃんたちはつけることができるんだろうか。
なんて心配になった。
子どもが火遊びをしたいためと言うことは理解できるんですが、
年寄りが使えないというのはちょっと困ります。
たばこ数のに使えなくなったのなら良いんだけど、仏壇の蝋燭付けられないっていうのは困りますよ。
チャイルドレジスタンス対応のライターが増えていくと、これから仏壇にはラーターが於あるお宅は少なくなり、マッチが於あるお宅が増えてくるのだろうか、
なんて予言したくなってしまいます。
年寄に優しい社会、それも私は望みます。

コメントする