今年の御文 五帖目第二通

10_ofumi.jpg

今年月参りの中で拝読する御文は五帖目第二通 八万の法蔵です。
ご一緒に拝読いたしましょう
それ○八万の法蔵をしるというとも●後世をしらざる人を愚者とす●たとい一文不知の尼入道なりというとも●後世をしるを智者とすといえり●しかれば当流のこころは●あながちに、もろもろの聖教をよみ●ものをしりたりというとも●一念の信心のいわれをしらざる人は、いたずら事なりとしるべし●されば聖人の御ことばにも●一切の男女たらん身は●弥陀の本願を信ぜずしては○ふつと、たすかるという事あるべからずと、おおせられたり●このゆえに、いかなる女人なりというとも●もろもろの雑行をすてて●一念に弥陀如来、今度の後生たすけたまえと●ふかくたのみ申さん人は●十人も百人もみなともに●弥陀の報土に往生すべき事●さらさらうたがいあるべからざるものなり●あなかしこあなかしこ

コメントする