気づけば

気づけば大晦日です。

ミソカとは元々は、三十日と書いたと思われます。
旧暦、すなわち太陰暦では三十日は月の最後。
調べてみると旧暦では、大の月と小の月があって、30日で終わる日と、29日で終わる日があったらしい、っていうことは月は地球のまわりを丁度一月で一周するって事じゃないみたいですね。大体一月かけて一周するっていうことみたいです。当たり前といえば当たり前だけど。
さて、
それが大きいヤツって言うこと、それが大晦日
晦という自派くらい、ヤミという意味があるみたい。月が無くなるっていう諱のかな。
朔日の前日って言うことですね。
まぁ。それはともあれ、
今日は大基礎か、今年最後の日です。
一年間を振り返ってみても、なかなか、思い出せない、っていうか、最近のことしか思い出せない。一月、どうだったとか、どういう事考えていたなんていうことが思い出せない。
今年は特に12月あわただしかったって言うことがあったから何だろうけど、一年を冷静に振り返ることができない。
ひととき一時を大事にしたいって思って生活しているわけですけど、結局そういうわけに入ってない私です。
「生きる喜びと生きる意義を見つけよう」なんて言うスローガンをどこかで見た覚えがあるけど、それができてない、っていうか、生きる喜びを感じてないことが原因なんでしょうね。
今わたしが人として生まれていること、いのちを授かって生きているって言うことが目出度きことで、ありがたきことなのに、なかなかそう思えてない。当たり前になってるんですよね。
喜ぶべき事を喜べない。それが当たり前、当然のこととなってしまっている私。
本当のことがわかってないって言うことはこういう事なんでしょう。
この間ある方から40代は花だ、なんて言われたわけですけど、なかなかそう思えず、色んなしがらみがまとわりついてきて、イヤになってしまってる私です。
丸く生きていこうなんて思ってしまってる私です。
ちょっと寂しいです。
昔、自分は歳を取って、誰かから頑固ジジィといわれて石を投げられ、それが頭に当たって死んでいきたいなんて思ってたはずなのに。
夜中、四男坊の顔を見て河島英五のを歌っている俺。
おまえがはたちになったら~  ッて、
それまで生きて入れるかな、生きていたいな、なんてちょっと弱きの私です。

 

とにかく来年は、一日一日を大事にしていきたいです。はい。

コメントする