人権感覚の薄さ? インフルエンザ関係

私の住むところではインフルエンザが流行ってます。っていうか、息子達が通う学校で大流行のようです。

そういうことでいろんなところが敏感になっているというか、私からしたら過剰反応のようにも感じられることがあります。
小学校に隣接している保育所、今四男坊はみんな家にいるので通わしていません。
その前まで、保育所に入るやいなや、息子がアルコール消毒させられていました。
そして今日、聞いた話しなのですが、
知り合いで、
兄姉が発熱したと言うことが知られると、子供は事務所預かり、発熱した子がインフルエンザの反応テストがはっきり出るまでの処置だそうで、そのこの兄姉がでたので、そのまま還らされたそうです。
そしてもう1人、これは聞いた話し。
朝子どもを保育所に預け、その日は園外保育で、シルエットシアターを見に行ったそうです。
しかし、そのお兄ちゃんが発熱して学校から帰らされてインフルの反応が出たと知るやいなや、その子を迎えにシルエットシアターを見ているところまで迎えに行かされたそうです。
ホント、冤罪のような話し。
二人とも発熱も、ましてやインフルの反応は出ていないのです。ただ、兄弟姉妹の中にでたというだけですぐさま還らされる。
これはいかがなものかと思う。
ある意味管理者としてやっていることはわかるのですよ。
保育所の中にインフルエンザ菌を入れたくないって言うことは、
だけど、
連れ戻されたり、事務所で待たされたこの気持ちなんかを考えると、行き過ぎでないのかなんて私は思う。
そして聞いた話しだけど、明日以降保育を希望するのならインフルエンザの検査をしてかかっていないって言う証明書を書いてきてもらえとのこと、
もうあきれました。
だって、熱が出ないとなかなかその検査反応しないらしいじゃないですか!
だから平熱でその検査をしてもあまり意味がないと私は聞いてる、そういう検査をしてこいって言うことはどういうこと、
単なる責任逃れとしか言いようがないと思う。
管理者として安心がほしいだけ、
そう思ってしまう。
これは過剰反応でしかないと私は思う。
子どもにマスクをずっとしていてというのは無理だということはわかるけど、
だから預からない、というのはいかがなものだろうか。
麻原彰晃の子どもが学校に通わせてもらえないのとおんなじ現象としか私は思えない。
私の子どもがそういう対応されたら、間違いなく、苦情ものというか、意見を言いにいくだろうな。問題にするだろうな。
こういう感染する病気は感染した人を隔離するのが一番よいと言うことはわかる。よいというか、これ以上広がらないために跛行するしかないと言うことはわかる。
でも、隔離されている人の気持ちということをおもんばからなければホント失礼なことだと思う。
こういうことがハンセン病問題などを学んだ中で得ることが出来た感覚なのかな。

コメントする