広くなった寝室

先月まで三男坊のベット、そして予備のベット、四男坊のベビーベッド、そして自分達のベッドが私たちの寝室にありました。

だけど、四男坊が寝ている姿を見て狭そうなので、ます、ベビーベッドと取り除いて、開いていたベッドで寝かせるようにしました。これだけども結構広くなった感じでしたが、何故か先週、突然三男坊に別れを告げられました。
オレ、お兄ちゃん達と寝る、ッて。
というわけで三男坊のベッドを上二人が寝ている部屋に移動、
駆られの寝ている部屋に並べてベッドを入れると隙間が空かない、ッて事で、ひとつ横に置いてやっと入れました。結構狭しです。おまけに故部屋はエアコンがありません。見ているだけで暑そうです。
三男坊が引っ越ししてしまって私たちの部屋は、私たちのベッドと四男坊が使っているベッドだけになっちゃいました。床が見えて広々です。ちょっと寂しげです。
三男坊ももう三年生なんだから当たり前、っていうかも而して遅かったのかも知れない。
子どもが成長していくって言うことはちょっと寂しいことでもあるんですね。

コメントする