きのうのゆうごはん

昨日の夕ご飯は回転寿司でした。
携帯百景(ケイタイヒャッケイ)
といっても私はこれ、ビール飲むのが中心ですが、
ビールにたどり着くまで結構時間がかかりました。
平日なのに1時間ぐらい待たされたかな。
結構なお客さんでした。
感じとしてはあと十分早ければもっと早くたどり着いた感じでした。
そのおかげでビールが美味しかったです。
昨日は何故回転寿司だったかというと、
特に理由はないんですが、
長男と三男が京都に行っていていないから、なんていう変な理由ですかね。
あいつらも多分上手いもの食べてるから…
携帯百景(ケイタイヒャッケイ)
私が食べたのは、しめさばと、後鰺だったかな
私はお酒を飲むときはご飯もの控えめです。
家ではほとんど口に入れません。
でも昨日、最初刺身の盛り合わせを頼んだら担当者がいないので、時間かかるっていわれすねていまして、我利を喰ってやってました。
とになって出来るっていわれ刺身を頼んだわけです。
生ビールは寒かったこともあり、三杯だったかな。
携帯百景(ケイタイヒャッケイ)
息子たちは寿司屋なのに寿司バベルっていうより、素麺やら、イチゴやら、トマト美味しそうに食べています。流れてりゃ~それで良いんかい!なんて感じです。
でも次男坊、次男坊マグロのの三修盛りさび抜きなんていうのを頼んでました。それだけはちゃんと耳に入ってきました。餓鬼のくせにそんな贅沢なもん喰いやがって、と当たり前のように心の中でつぶやいた私です。












ここから囀り事、ひとりごと…
昨日は夕ご飯の前は教務所にいました。
迎えに来てもらって、
回転寿司にいったって形です。

昨日は御遠忌に関する会議二つでした。
なんか疲れちゃいました。
お待ち受け法要に関すること、タイムスケジュールをおいながら色々と確認していきました。
時間がなくなり子どものつどいについてはほとんどはなされず。
次は御遠忌に向けての研修について、
主題となったのは同朋唱和について、
ちょっといいようにしゅうせいされたかんじでした
自分としてはもっと、御遠忌に向けて、自分たちが学ぶっていうことをしたいと思うのですが、温度差を私は感じてます。
組中心で同朋唱和運動と、上人講座。していくって感じなのかな。
私としては教区として、誰かを呼んで、斬新な話しを聞き、御遠忌を迎え、そして御遠忌を気に動き出したい、なんていう思が私にはつよいです。
……
愚痴をつぶやいてしまいそうです。
話し合いの中で、
同朋唱和の歴史について、
また私たちにとって朝のお勤めをする意義っていうのはどういうことだったんだろうっていうことを課題にしていきたいと思った。
同朋唱和ってことは同朋海運動特有の運動のようにいわれることがあるけど、ある意味これは真宗の宗風回復運動だと私は思ってます。みんないっしょに昔からしてた、それがいつの間にかしなくなった。勤行はいつの間にか僧侶がするものになっていた。それを元に戻す運動が同朋唱和していこうっていう運動の大事な願いだと私は勝手に理解しています。
私たちにとって聖教を読誦する事の意義を明らかにしていくことが大事なような気がしています。
私の中では正信偈の真四句目下を同朋唱和するっていうのはあまり眼中にないです。

コメントする