部落問題講演会

ご案内 冨山解放連・人権週間企画
12/10(水) 部落問題講演会

  ~今年は世界人権宣言60周年です~
 「宣言」はわずか30条から成っていますが、その前文の最後には「すべての人民とすべての国とが達成すべき共通の基準として‥公布する」とあります。この機会に「宣言」の各条文を再確認してみてはいかがでしょうか。

 さて、日本の人権をめぐる状況に、どのような課題があるのでしょうか。去る10月15,16日に国連の自由権規約委員会(「市民的及び政治的権利に関する国際規約」の実施を監視する機関)では日本政府の報告書に対して審査が行われたことが報じられています。そこでは、”国内人権機関の設置に関する進歩・見通し”、”捜査過程で検察側が収集した証拠が弁護氏側に開示されない問題について改善がなされたかどうか”、”人身売買の被害者の数や被害者を保護し、犯罪者扱いにされないようにする措置”、”婚外子差別を撤廃するため、法制度を改定し、[非嫡出子]という考え方を法制度及び慣習から除く意志の有無”など(以上、雑誌『部落解放』2008年10月号から転用)、29項目にわたる質問リストについて審議がなされているようですが、その結果に関心が持たれるところです。

 人権週間(12月4日~10日)にあたり、冨山解放連では下記のように講演会を企画しました。講師二お迎えする森原秀樹さんは、国連との協議資格を持つNGO【反差別国際運動】で長らく活躍されてきた方で、国際的視点にたって貴重なお話が伺えるものと考えています。ご多忙の折とは存じますが、お誘い合わせのうえ、ご参加いただきますようお願いします。

日 時  2008年12月10日【水】午後3時30分~5時00分  [受付 午後3:00~]
会 場  冨山東別院会館・研修ホール (富山市総曲輪2-8-29 電話076-421-9770)
会 費  1,000円(資料代)
演 題  『世界人権宣言60周年~私たち・日本社会の課題~
           講師 森原秀樹さん(反差別国際運動〔人権NGO〕日本委員会・前事務局長)
主 催  部落解放にとりくむ富山県連絡会議


☆ 部落解放にとりくむ富山県連絡会議(通称:富山解放連)
富山県下で『部落解放にとりくむ各界・各層の広範な相互連絡を深めると
共に、協力関係を拡大、推進し、部落問題の速やかな解決を図る』ことを目的として、1986年3月に結成されました。被差別部落大衆をはじめとし、企業や
宗教関係者、労働者、市民など幅広い層の団体・個人によって構成されています。結成以来22年、学習会・市民公開講座の開催や会報の発行などの取り組みを
行っています。
☆ 会員になってください。会員加入を呼びかけてください。
団体、個人を問わず、会員加入を呼びかけています。年会費[4月から翌年3月まで]は一口1,000円で、団体にあっては5口以上、個人にあっては1口以上をお願いしています。
富山解放連事務局:富山市総曲輪2-8-29真宗大谷派富山教務所内 電話076-421-9770(三枝)

コメントする