八百長

ここ最近テレビのワイドショーなどで相撲の八百長についてよく取り上げられている。
私も何故か妙味深く見ている。
でも私からすると八百長があったのかなかったのかと言うことはあまり関心がない。
ただ関係者が八百長について暴露?していくことがおもしろい。
大相撲はプロの相撲であるという観点からすれば、相撲がショー的な要素も必要だと思う。おもしろくなければいけないと思う。
だから台本があっても良いと私は考える。
でも、
アメリカのプロレスのようにバレバレの台本では台無し、おもしろくない。

まぁ水戸黄門を代表とする時代劇のようにおきまりがたくさんあるというショーもあるのだけど、
見え見えをなくすにはテクニックが必要。
うまくなければダメ。
協会側が八百長があっても否定すると言うことも私はショーとしては大事なこと。
今の裁判も相撲ショーの一環として私は見ている。
あってもも否定、なくても否定。これがプロの相撲としては当然のこと。

私が大相撲に求めることは
八百長をなくすと言うことより、相撲をおもしろくすることが大事だと思う。
でもアメリカのテレビのショー的なものは好まない。
一生懸命取り組み、こっちも手に汗握る感じで見せてくれる、はらはらすtる相撲が私が好きだ。
この裁判も台本があるのなら私は拍手喝采を送りたい。
それぐらいの台本を書く放送作家を相撲協会は雇ってほしい。私はそう思う。

コメントする