大失態!

昨日、入棺のためそのお宅に坊守さんに運転してもらっていったのです。

あまり訪れたことのないお宅なのでおそるおそる行きました。葬儀の案内があることを確認してドアを開けようとするが鍵がかかっている、不思議に感じながらも呼び鈴を押すが、反応無し、もう一度圧しても反応無し、ちょっとどきどき。

頭の中で現状を把握整理する。

何故だ!

考えれるのは時間を間違えたか、場所を間違えたか、

時間を間違えたのならばおられるはすだし、先に行くという事はないだろう。

場所は確かに喪主さんの名前が書いてあるお宅だし、葬儀の案内塔がかかれている。

考えられる一つは入棺を葬儀会場でする、って事。

私の住むところは農村部で私のお寺が関係するお宅はほとんど農村部、そして一軒屋。

だから入棺はたいがい自宅。

でも能く能く思い出せば、昨日の打ち合わせで、すべて葬儀会場だって行ってたような気が知るし、児文でも何気なく書いていたような気がする。

っていうことで大あわてで葬儀会場に向かうことに、

途中遺族の人から電話があり、事情を正直に説明し、

予定時間の三十分おくれで会場に着く。ついてからは平然と儀式を執り行ったのですが、

心の中で、心臓がばくばくしてました。

久しぶりの大失敗で、

ご遺族の方に本当にご迷惑をおかけしてしまったわけです。

「大失態!」への2件のフィードバック

  1. 暑い夏だと、(ガイが腐る心配もあるし、)
    すべて葬儀会場ということがありますね。
    そういえば「入棺のお勤めは要らない」なんて地域もあったなぁ。

    返信
  2. >nikojuさん
    私の住む市の中心部では、どうも、入棺のお勤めをして、入棺、その後出棺勤行をされているみたいです。だから葬儀の時は出棺勤行無しで始まるみたいです。たまに確認されるのでそうなんだろうなぁと思っています。何でそうなったんだろうって考えてしまいます。私は好きではありません。

    返信

コメントする