09 本願名号正定業

本願名號正定業
至心信樂願爲因
成等覺證大涅槃
必至滅度願成就
<試訳>
いのちの願いより生まれた阿弥陀仏のお名前は正しく定まるた根である それは浄土に生まれん者をすべて救うという願いが名前になったからである。
私が目覚めそして悟ることが出来るとするならば、それは阿弥陀仏の必ず悟りを至らせるという願いがかなっているからです。
尊号真像銘文
 「本願名号正定業」というは、選択本願の行というなり。
「至心信楽願為因」というは、弥陀如来回向の真実信心なり。この信心を阿耨(あのく)菩提(ぼだい)の因とすべしとなり。
「成等覚証大涅槃」というは、成等覚というは、正定聚のくらいなり。このくらいを龍樹菩薩は、「即時入必定」とのたまえり。曇鸞和尚は、「入正定之数」とおしえたまえり。これはすなわち、弥勒のくらいとひとしとなり。証大涅槃ともうすは、「必至滅度の願成就」のゆえに、かならず大般涅槃をさとるとし るべし。滅度ともうすは、大涅槃なり。
※阿耨菩提→阿耨多羅三藐三菩提、この上ない悟り、仏の悟りを意味する
親鸞聖人御消息集(広本)
往生は、なにごともなにごとも、凡夫のはからいならず、如来の御ちかいに、まかせまいらせたればこそ、他力にてはそうらえ。

念仏往生の願は、如来の往相回向の正業正因なりとみえてそうろう。まことの信心あるひとは、等正覚の弥勒とひとしければ、「如来とひとし」とも、諸仏のほめさせたまいたりとこそ、きこえてそうらえ。また、弥陀の本願を信じそうらいぬるうえには、義なきを義とすとこそ、大師聖人のおおせにてそうらえ。かよう に義のそうろうらんかぎりは、他力にはあらず、自力なりときこえてそうろう。他力ともうすは、仏智不思議にてそうろうなるときに、煩悩具足の凡夫の無上覚上覚のさとりをえそうろうなることをば、仏と仏とのみ御はからいなり。さらに行者のはからいにあらずそうろう。しかれば、義なきを義とすとそうろうなり。 義ともうすことは、自力のひとのはからいをもうすなり。他力には、しかれば、義なきを義とすとそうろうなり。

<他力>
他力→煩悩公所苦の凡夫の自覚、自力無効の自覚
他力を頼み自力を捨てる?
  自力を捨てるという自力
  自力無効の自覚、うなずきは、自力を尽くした者が出来るのでは
   自力無効といって何もしない者は自力無効ということは知識として理解できるが
   本当にそのことが頷けるだろうか。


<終わって>
レジュメをつくったにもかかわらず、忘れていってしまい十分な話が出来なかった、

コメントする