解放連富山総会

TS3C0109.jpg

昨日の午後は富山解放連の総会がありました。
全然したことなかったのですが、総会の議長っていうことをしたっていうかさせられました。
やっぱこういうの、苦手です。
総会の後講演があり、石川県同教の角谷さんのお話でした。
角谷さんは、差別の歴史を四つにわけられ、

  • 第一期 仕事職業に対する賤視 
  • 第二期 仕事職業に「居住地」賤視意識が加わる
  • 第三期 仕事職業居住地に「「血筋」「種族」賤視が加わる
  • 第四期 身分制度がなくなり、仕事職業、居住地を変えても血筋種族賤視が継続してしまう。逆に貧困渡来説俘因説が流布する

というふうに分類されていました。

その他いろいろお話を聞いて、解放令以後の私たちの差別意識と、以前の差別意識はだいぶ違うのではないかということを思わせていただきました。


今日は要員研の最終レポートの提出日なのですが、まだ全然掛けていません、ある意味予定通りなのですが、自分で勝手に今週いっぱいと締め切りを延長しています。
しかし、
今日、明日と教務所で会議が入りました。
これにちょっとまいってます。
休んでもいいような気がするのですが、
御遠忌に向けての教区の動きが気になるのでいくべきっていう気もしてます。
選択することが迫られています。
どうしよー~

コメントする