しっかりしてちょんまげ

情報誌の送り先3416人分ネット流出 真宗大谷派

2008年05月26日(asahi.com)

 真宗大谷派(本山・東本願寺、京都市)は26日、研究交流施設「親鸞仏教センター」(東京都文京区)が定期的に発行している情報誌「アンジャリ」の送り先3416人分の名簿などが、ファイル交換ソフト「ウィニー」を通じて流出したと発表した。

 名簿には氏名、住所、電話番号、職業などが含まれ、情報誌に執筆していた大学教授や経営者、国会議員、ジャーナリストらの住所などの情報もあったという。同派は全員に文書で謝罪する。

ちょっと意識が薄かったのかな。
もう少し敏感処理してほしい、
ネットカフェで残業するって都会を感じでしまう私でした。
自分はネットカフェで残業するって事はないけど、自分も気をつけなきゃね

コメントする