北陸連区差別問題研修会

TS3C0103.JPGのサムネール画像

標題の研修会が昨日から今日までありました。
KCCの李清一さんそして高橋法信さんのお話がありました。
高橋さんのお話は、後からこれ聞いたことのある話だな、闇ていうのがいっぱいあったのですが、でも最初は初めて聞く内容、だと思って聞いちゃってるんです、自分の記憶が悪いのか、どうかわかりませんが、新鮮に耳に入ってきたのです。
笑ったり聞き込んだり、頷いたり、涙したり、やっぱ、法信なんの話しを聞くの私は好きです。

李さんの話しで外国人住民基本法制定の話しも聞いたのですが、
外国人が住みやすい社会は日本人にも住みやすい等位キャッチコピーをいわれたのですが、
なるほどそうだ、なんて思うのだけど、
日本人が日本人にも住みやすくなったなんて実感するまで時間がかかるのではないだろうかなんていうことも思った。最初は慣れるまで今までの常識が通じなくて結構大変だろうなんて感じた。これを乗り越えるには共生という願いを持ち続ける、宝とし続けるしかない、そこが大変だろうなんて思った。
共生という概念をイメージすることの大切さもおっしゃっておられた。ビートルズのイマジンかな。オノヨーコのアートの世界っていう感じかな。

夜は結構早くつぶれてしまったんだけど、楽しく飲んでしゃべって、耳をかたむけて講義を聴いた研修会でした。

コメントする