ドッキッ!

ともブックのIDとかを書いてある書類を無くし、再発行してもらった。そして以下の本を試しに購入しました。




『和讃に学ぶー浄土和讃』のはじめには

 本来、聞法は決して自分の理性で仏の教えを、宗祖をはじめ、よき人々の言葉を理解し、つかみとることではありません。自分の持っている定規ではかって、言葉をより分けることではないのです。
 そうではなく、逆に、常に自分の生活を照らし出してくださる言葉に出遇うこと、つまり、忘れようと思っても忘れられない言葉につかみとられる体験としておこるものです。そしてそれはさらには、その言葉をくりかえしくりかえし聞きなおしてゆくとき、、血となり肉となって、自ずと私の生きてゆく力をうみだし、生き方を照らす光ともなってゆくのです。

この言葉を読んで、ドキッとしちゃいました。自分の教えのであい方が問われたような気がしました。ちゅ?か、しっかり言い当てられた感じ。

コメントする