如来の悲しみを我が悲しみとする

いじめ加担教師の懲戒厳格化も 教育再生会議緊急提言へ(asahi.com)

 安倍首相直属の「教育再生会議」(野依良治座長)は今週中にいじめ対策の緊急提言を出す。(1)いじめに加担したか、故意に見過ごした教員への懲戒制度を現在より幅広く適用する(2)いじめた側の子どもの出席停止を積極的に行う(3)問題が起きた学校を支援するチームの派遣の仕組みをつくる――などが柱となる方向だ。最終的に10項目程度の提言になる予定で、今週、断続的に開かれる教育再生会議の三つの分科会で詰める。

「出席停止」見送り 教育再生会議、いじめ問題緊急提言(asahi.com)
 安倍首相直属の教育再生会議(野依良治座長)は29日、首相官邸で総会を開き、いじめ問題で8項目の緊急提言をまとめて発表した。いじめは「反社会的な行為」で「見て見ぬふりをする者も加害者」とする一方、いじめを理由とする転校が認められていることを周知するなどとしている。

いじめを無くそうと言うことでいじめの「加害者」を減らそうという視点でいろんなことを考えられているのだろう。防止策としてはひとつの方法だろうし、ある程度の歯止めにはなると思う。
でも、これらのことはどこまでいっても応急手当的なことにしかならないんではないだろうか。
もう一つ抜本的手当が必用だと思う。「なぜいじめをするのか」「なぜ自殺をするのか」こういう原因をしっかり探さないといけないと思う。私は多分社会のひずみ的なことだと思っている。いじめをする人をダメ人間というレッテルを貼っていくのではなく、いじめる人の気持ち、苦悩そういうものをたづねていく、であっていくことが大事なんではないだろうか。できれば共感できるのならなおすごいことなんだろうけど。

「如来の悲しみを我が悲しみとする」への1件のフィードバック

  1. 賛成です。「何とかしなければ」という気持ちは分かるけど、モグラ叩きでは本当の解決にはなりません。
    われわれ坊さんももつと真剣に考えるときなのでは。それで坊主バーがイベントをするのですが・・・。

    返信

コメントする