止めたい連鎖反応

「自殺の連鎖止めたい」 中1の遺族、実名で訴え 大阪’asahi.com)
 大阪府富田林市立第一中学校1年の女子生徒が自殺した問題で、生徒の父親の大川和夫さん(49)と兄の敏夫さん(28)が14日夜、自宅近くで報道各社の取材に応じた。和夫さんらは、亡くなった次女の理恵さん(12)の実名を公表したうえで、亡くなる直前、理恵さんが毎朝のように「しんどい」と訴えて登校を渋っていたことを明らかにした。和夫さんは「娘のように自殺する子がいなくなってほしい。いじめに悩んでいる子は一人で抱え込まず、周りに相談してほしい」と呼びかけた。

ここ数日子どもの自死、いや自殺が続いている。連鎖反応のように。報道を見て自分もって感じなのかも知れないが、やっぱり絶えられない。
自死の報道をするから連鎖反応が起こるのだなんていう人もいるかも知れないが、自死の報道は単に縁でしかないと思う。持っとくに因なるものがある。そしてその因の因もある。いじめする原因もある。
でもそれは何かわからない。でも、それは私たちの生活常識の中にあることは間違えのないことだろう。
それは何なんだ!
私たちの何が間違えていたのだろう。間違えているのだろう。
今日報恩講のお説教をしなくてはならないんだけど、たぶんこのことを話しするだろう。他のことも用意してあるんだけど。上手くつながればつなごうと思う。今日お話しをするところは10月に本堂修復と蓮如さんの五百回期を催されたところだから、念仏相続なんていう話しをしたいんだけど。
自分のできること何?

コメントする