本当にこれは問題なの?

大阪府・市、人権金融公社に2百年ローン 70億円融資(2006年10月06日15時46分asahi.com)
 同和地区の零細業者への低利融資を目的に設立された財団法人「大阪府地域支援人権金融公社」(旧府同和金融公社)に対し、大阪府と大阪市が無利子で貸し付けた約70億円について、府市と公社が200年以上かけて分割返済することを認める合意書を交わしていたことがわかった。大阪市の旧芦原病院に対する支援などに続き、行政が同和関連団体に異例の便宜を図っていた実態がまた明らかになった。

いわゆる同和対策に対する風当たりが悪いのは風の噂で知っていたが、何でもかんでも騒ぎ立てるのはどういうものだろうか。
「人権金融公社がどういう融資をしていたのか、どういう活動をしていたのか、いわゆる同和対策としてどれだけ効果があったのかっていうことをしっかり検証してからこのことを考えなければいけないのではないだろうか。

「本当にこれは問題なの?」への1件のフィードバック

  1. この金が部落開放事業に使われていればそれでもいいんですが、実はヤーサン(山口)に流れている。それが問題なんです。大阪府の行政は腐り切っている。一回解体する意外にない。これホントの話。

    返信

コメントする