これは私のことです

これは私のことです。
今日朝また気まぐれに畑を耕し、水菜とほうれん草を植えました。時期的にもしかしタラちょっと遅いかなって思いながらもダメ元でまきました。
それでなんです。
私が所属するお寺では富山県で一番大きなそろばん塾に場所を貸しているのです。そして同様美白寺班から練習です。だから九時半前にはそろばんの先生が車に乗って登場するのです、それで畑をしながら先生がまだ来ないと思いながら畑をしていました。そしてそのそろばん塾に通っている我が次男坊に今日はそろばん教室は休みなのかって効くと、頷くんです。訳を聞くと、
秋分の日だって、
あちゃ?
そうっか今日が秋分の日か。やっと息子に教えられて気づきました。
うちのお寺は中ぶんの費だからといってお参りに来る人はいませんし、秋分会も勤めません。お寺の横にあるお墓にはお参りにこれる人もあるのですが、挨拶なしなので、私にとってはあんまり秋分の日と関係ないのです。単なる休日なのです。それが土曜日と重なると真宗僧侶で小学生の親である私にはなおさら今日はたんなる土曜日なのです。
せっかく息子に秋分の日を教えてもらったのだから、ちょっと、悲願(彼岸)を意識して一日生活してみようかと思う私であります。

コメントする