132 今年も開催しました

132.jpg<
 お寺で流しそうめんをしてこれで三年です。ある意味恒例行事といっても良いのではと私的には思っています。今回は梅雨明けを今かと待つ、7月28日に開催しました。天気予報では大雨ということになって、出来るのであろうかってとても心配していました。でも、雨も時たま小雨が降る程度で収まり、ホッとしました。参加してくださった人数は例年より多かったです。うれしく思っています。
 今なぜお寺でおやこのつどいをしてるのか、そう問われるとどう答えていいのかよくわかりません。自分の中にはっきりとした答えがあるわけはありません。ただ、子どもが当たり前にお寺で遊んでいたり、ごく当然としてお寺に子ども達の声が響き渡っている、それが私達の常識になりたいとは思っています。
 よく「ワレコトをしたらお寺の人に連れて行ってもらうよ」っていうことを聞き、そして私はそうじゃないんだけどなぁってよく心の中でつぶやいていました。私はお寺はある意味逃げ場所であり、ほっと安心する場所であるべきだと思っています。子ども達がほっとする場所は家ではないっていう統計を目にしたことがあります。それは子ども達は安心する場所がどこにもないということです。大人である私達は結果として子供達にそういうことをしてしまっているのです。
 せめてお寺が、子ども達を含めて誰もが安心する場となることを私は願っています。そんなお寺にしたいです。

コメントする